夏におすすめランニングシューズ【25℃以上】エアリフトBRの履き心地・サイズ感

プロモーションが含まれる場合があります
ナイキ エアリフトBR
  • URLをコピーしました!

暑くなってくると、ランニングが苦痛になりますよね。でも、暑い理由でサボると、走る習慣がなり、また太ってしまうかもしれません。

そんなときは、通気性の高いランニングシューズを履くことで解決できます。

やたろう

足元が涼しくなるだけで、ランニングのモチベーションがあがります。

そこでこの記事は、2014年からランニングしている筆者が愛用している「夏用ランニングシューズ」をご紹介します。

この記事を読んでいただくことで、ランニングのモチベーションが高まり、習慣化できます。

この記事を書いている人
プロフィール
筆者のプロフィール画像
やたろう
  • SEO検定1級合格
  • A8プラチナ会員
  • 東証スタンダードの社員
  • 2014年からランニング継続中
A8プラチナ会員
A8:プラチナ会員
SEO検定1級
SEO検定1級
登場人物
登場人物
記事でわかること(もくじ)

【まずは結論】NIKEエアリフトBR(ブリーズ)がおすすめ

ウィメンズ(女性用)27cmがおすすめ

エアリフトBR

結論、夏のランニングはNIKEエアリフトBR(ブリーズ)がおすすめです。

なぜなら、通気性が飛び抜けて高いからです。

ウィメンズ(女性用)27cmがぴったりでした
ナイキテックウルトラメッシュ

エアリフトは、昔からある従来のエアリフトとエアリフトBRが発売されています。

エアリフトBRは、エアリフト発売20周年を記念して作られたもので、ナイキテックウルトラメッシュを使い、オリジナルをより軽く、涼しくアップグレードしてます。

そのため、従来のエアリフトよりも高い通気性を実現してます。

季節アスファルトの平均温度
約20℃
約60℃
約20℃
約5℃
アスファルト平均温度

夏は、アスファルトの温度が70℃近くまで上がることがあります。そのため、通気性の低いシューズは、高温になり、体力消耗が進みやすくなります。

エアリフトBRは、熱を逃がす構造なので、涼しくランニングできます。

靴下を履いてもぴったり

注意点は、NIKEエアリフトBRはレディースサイズであること。

私は普段「adidasカントリー」「adidasスーパースター」「NIKE エアフォース1」のメンズ26.5cmを履いております。

「靴下あり・なし」で、ウィメンズ(女性用)27cmがぴったりでした。

やたろう

男性がエアリフトBRを購入する場合「+1cm目安」で購入するとよいです。

エアリフトのサイズ表

ちなみに、エアリフトBRには紐がなく、マジックテープ調整です。そのため、多少大きめのサイズでも、自分好みに調整できます。

エアリフトBRの3つのメリットとデメリット

エアリフトブリーズのメリットとデメリット

私は、ランニングでエアリフトを履いてます。実際に履いてみて感じた「メリットとデメリット」をご紹介します。

デメリット

まずはデメリット。3つありました。

  1. 靴下の違和感
  2. 汚れが目立つ
  3. マジックテープの寿命

それぞれ解説します。

靴下の違和感

1つめのデメリットは、靴下を履くと、違和感を感じることです。

なぜなら、エアリフトBRの先端は二股になっているからです。

例えば、初めて二股ソックスを履いたとき、足に違和感を感じますよね?

おくさん

慣れると問題ないですが、ランニングのとき違和感がありました。

二股ソックス

違和感を取りたい人は、二股ソックスの購入をオススメします。

汚れが目立つ

2つめのデメリットは、汚れが目立つこと。

例えば、ランニングのとき雨のでが降ってくると、汚れてしまうストレスがたまります。

汚れることがイヤな方は、ブラック系のエアリフトの購入をオススメします。

マジックテープの寿命

3つめデメリットは、マジックテープに寿命があることです。

一般的にマジックテープの寿命は約10年と言われています。エアリフトBRは、マジックテープで脱ぎ履きするので「マジックテープ破損=寿命」となります。

しかし、定期的なメンテナンスや清掃を行い、適切に保管することで寿命を延ばすことができます。

  • ほこりやごみなどの汚れ
  • 油汚れ
  • 経年劣化

ランニングシューズの場合、油汚れはないので、大きな要因は①③となります。

洗濯ネットに入れて洗う

①③の対策は、エアリフトBRを洗濯ネットに入れて洗うこと。ホコリやゴミなど「汚れの付着」を防ぎ、マジックテープの寿命を長くできます。また、ネットにより劣化を防ぐことに繋がります。

やたろう

マジックテープのホコリを取ることも有効です。

メリット

メリットは3つありました。

それぞれ解説します。

長距離走れる(歩ける)

1つ目のメリットは、長距離走れる(歩ける)こと。

なぜなら、体力の消耗を抑えてくれるからです。

エアリフトBRのアッパーは「ナイキ テック ウルトラメッシュ」を採用してます。そのため、高い通気性を実現してます。

夏は、アスファルトの温度が70℃こもると近くまで上がります。足に熱がこもるため、体力消耗が激しいです。

エアリフトBRは、通気性が高く熱を逃がすので、涼しくランニングできます。

やたろう

夏場、10分でダウンしていたランニングが、30分走れるようになりました。

足が臭くならない

2つ目のメリットは、足が臭くならないこと。

なぜなら、まるっと洗えるからです。

エアリフトBRは、紐がないので、そのまま洗濯できます。

スニーカーは、紐を外して洗うことが面倒ですよね。洗ったあと紐を通すのも時間がかかるため、洗わない人が多いです。

エアリフトBRは、紐がないのでTシャツ感覚で洗濯できます。そのため、清潔に保てます。

匂いで捨てることもありません。

おくさん

毎年スニーカーを買わなくていいから、節約にも繋がるね。

靴擦れしない

3つ目のメリットは、靴擦れしないこと。

靴擦れしない

エアリフトBRは、足の「甲とカカト」にマジックテープがついてます。

そのため、靴擦れが起きません。

くるぶしソックスでランニングしても、甲が擦れません。

やたろう

カカトや甲に絆創膏を貼らずに済みます。

エアリフトとエアリフトBR(ブリーズ)の違い

エアリフトとエアリフトブリーズとの違い

エアリフトは、エアリフトとエアリフトブリーズ(BR)が発売されてます。

違いは、アッパーの素材です。

「エアリフト」のアッパーは、軽量で伸縮性が高い「ネオプレン生地」を使用しています。メッシュ感が強いです。

一方、エアリフトBRは「ナイキ テック ウルトラメッシュ」を採用してます。ネオプレン生地よりも高い通気性と速乾性を実現してます。

つまり、エアリフトBRは、エアリフトの進化版、と言えるでしょう。

ウィメンズ(女性用)27cmのサイズ感~ メンズなら26.5cm

エアリフトBR(ブリーズ)は「adidasカントリー」「adidasスーパースター」「NIKE エアフォース1」と同じサイズ感
「adidasカントリー」「adidasスーパースター」「NIKE エアフォース1」とのサイズ感の違い

ウィメンズ(女性用)27cmのサイズ感は「メンズ26.5cm」と同じです。

普段履いているスニーカーのサイズが26.5cmでちょうど良い人は「ウィメンズ(女性用)27cm」がぴったりです。※個人差あり

エアリフトBR(ブリーズ)のほうが、カントリーより1cm小さい

adidasカントリーの26.5cmとエアリフトBRを比較すると、エアリフトのほうが1cmほど大きいです。

しかし、実際に履くとちょうど良いサイズ感です。

エアリフトBR(ブリーズ)とスーパースターは、ほぼ同じサイズ

adidasスーパースターの26.5cmと比較すると、同じくらいのサイズ感です。

エアリフトBR(ブリーズ)とエアフォース1は、ほぼ同じサイズ

エアフォース1も同じくらいのサイズ感。履き心地も同じです。

エアリフトBR(ブリーズ)の履き心地

すすエアリフトBR(ブリーズ)の履き心地は、スポンジを履いてるようです。スポンジふのように跳ねる感覚があり、前進していきます。

足の力を入れずとも進むため、疲れにくいです。

  • 通勤で10分以上歩く
  • ダイエットでランニングを始める
  • 足が疲れやすい

エアリフトBRは、上記に該当する人には特にオススメだと感じました。

夏のランニングはエアリフトで快適になる【まとめ】

まとめ。メンズ26.5cmを履いている男性は、エアリフトBR(ブリーズ)27cmを買うべき

まとめです。

夏のランニングには、エアリフトBRがオススメです。

エアリフトでランニングすると、こんなメリットを得られます。

  • 夏でもランニングできる
  • シューズが臭くならないので節約できる
  • ランニング習慣が身につく

エアリフトBRは12,000円ほどですが、夏のランニングがラクになるなら安いものです。

ランニング習慣は、お金では買えません。

エアリフトBRは、以下サイトから最安値で購入できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
記事でわかること(もくじ)