ダイソンタワーファン(空気清浄機付)【4年利用】後悔したこと、デメリットをレビュー

プロモーションが含まれる場合があります
ダイソンタワーファンのデメリット
  • URLをコピーしました!

ダイソンタワーファン(空気清浄機付)は、羽根のない扇風機です。

羽がないので場所を取らず安全に使えます。夏は涼しく、空気まで綺麗にしてくれます。

created by Rinker
Dyson(ダイソン)
¥28,800 (2024/06/16 04:57:38時点 Amazon調べ-詳細)

でもダイソンタワーファンは、4万円以上する高価なもの。迷うのは当然です。

そこでこの記事では、本製品を4年利用している私が、後悔したこと、メリット・デメリットをご紹介します。

この記事を読めば、購入したあとのイメージができます。結果的に、後悔しないお買い物ができるでしょう。

この記事を書いている人
プロフィール
筆者のプロフィール画像
やたろう
  • SEO検定1級合格
  • A8プラチナ会員
  • 東証スタンダードの社員
  • 2014年からランニング継続中
A8プラチナ会員
A8:プラチナ会員
SEO検定1級
SEO検定1級
登場人物
登場人物
記事でわかること(もくじ)

【まずは結論】扇風機より風力が弱い~後悔・デメリット

ダイソンタワーファンのリモコン
ダイソンタワーファンのリモコン

ダイソンタワーファン(空気清浄機付)を使ってみて感じた、デメリットを3つご紹介します。

  1. 扇風機より風力が弱い
  2. 風力10だと音が気になる
  3. お値段が張る(3万以上)

扇風機より風力が弱い

1つ目のデメリットは、扇風機と比べて風力が弱いこと。

タワーファンは、風力レベル1~10まで調整できますが、レベル10で扇風機と同じくらいです。

夏、扇風機として使いたい場合は、物足りなさを感じるでしょう。

逆に言えば、扇風機の風が苦手な人には、ちょうどよいです。

風力10だと音が気になる

2つ目は、風力10だと、音が気になることです。

暑苦しい夜、
風力MAXで寝ると、
音が気になりました。

ただし、騒音のように不快な音ではないです。

音がうるさいと感じたら、風力7にすると、音が気になりません。

お値段が張る(3万円以上)

3つ目のデメリットは、お値段が高いことです。

やたろう

3万円以上します。高性能だから仕方がありませんね。

扇風機は、1万円あれば最新が買えます。

ただし、タワーファンは、扇風機と空気清浄機の機能があり、壊れにくいです。

なので、長期的にみれば、お得です。

アレルギーが改善した【5つのメリット】

ダイソンタワーファン(空気清浄機付)を利用して感じたメリットは、以下5つです。

  1. アレルギーが改善した
  2. 子供、動物がいても安心して外出できる
  3. アプリで管理できる
  4. 扇風機の羽根掃除が不要
  5. 壊れにくい

順番に解説します。

アレルギーが改善した

1つ目に感じたメリットは、アレルギーが改善したことです。

わたしは、実家でプードルを飼っています。

姪っ子(7歳)は動物アレルギーをもっているので、遊びに来ると、目が真っ赤になり、かわいそうでした。

試しに、ダイソンタワーファン(空気清浄機付)を購入すると、目が赤くなるアレルギーがでなくなりました。

PM0.1レベルの微細な粒子を自動で99.5%除去してくれます。さらに有毒なガスも除去してくれます。

引用:ダイソン

アレルギーがでなくなったので、姪っ子は、実家に遊びに来る頻度があがりました。

いまでは、動物好きになりました。

やたろう

タワーファンを使うことで、動物が得意になります。

子供、動物がいても安心して外出できる

2つ目のメリットは、子供、動物がいても安心して外出できること。

なぜなら、羽がないから。

扇風機に指を入れたら大ケガです。

タワーファンなら、ケガをする心配がないので、安心して外出できます。

アプリで管理できる

3つ目は、アプリ管理ができること。

ダイソンタワーファン(空気清浄機付)は、遠隔操作ができます。

そのため、調整するたび、いちいち立たなくてもよいのでラクです。腰の負担がないです。

扇風機の羽根掃除が不要

扇風機の羽根

4つ目のメリットは、扇風機の羽根そうじが不要なこと。

扇風機は、衣替えのとき、羽根の掃除が必要です。分解するのも面倒だし、組み立てるのも面倒ですよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
記事でわかること(もくじ)