30日間無料キャンペーンAmazonプライム

漂白剤で色落ちした服を10秒修復【ポリエステル】魔法のペン

プロモーションが含まれる場合があります
色落ちした服を復活させる
  • URLをコピーしました!

こんなお悩みありませんか?

  • 漂白洗剤がハネて、Tシャツが色落ちした。捨てるしかないの?
  • 洗濯したら、色が落ちてしまった、、、
  • お気に入りの服を若返らせたい!

漂白が跳ねて色落ちしたお気に入りの服、捨てないでください。

実は、クリーニングに出さなくても、修復する方法があります。

それは「布用 染色ペン」を使うことです。

布用染色ペン
布用染色ペン
created by Rinker
¥168 (2024/02/22 22:15:09時点 楽天市場調べ-詳細)

布用染色ペンは、1本168円。お金をかけず、お気に入りの服が蘇ります。

この記事は「布用 染色ペン」を使った感想をご紹介します。この記事を読むことで、お気に入りの服を捨てずに済みます。

やたろう

たった168円で、10,000円節約できました。

この記事を書いている人
プロフィール
筆者のプロフィール画像
やたろう
  • SEO検定1級合格
  • A8プラチナ会員
  • 東証スタンダードの社員
A8プラチナ会員
A8:プラチナ会員
SEO検定1級
SEO検定1級
登場人物
登場人物
この記事でわかること(目次)

色落ちを直す布用染色ペン【10秒で元通り】

結論、色落ちしたお気に入りの服は「布用 染色ペン」で修復できます。

Tシャツ、デニム、ジーパン、カーディガン、トレーナーなど、布製の服なら蘇ります。

ポリエステル&レーヨン素材
漂白剤のシミ:ポリエステル&レーヨン素材の服

わたしが「布用 染色ペン」を使ったのは、お気に入りの黒い服に、白いシミが出来てしまったとき(上記画像)。

10,000円の高い服。それに、とっても気に入っていたので、絶対に捨てたくありませんでした。でも白いまま着るのはみっともないし…

そこで「同じ商品を買っても良いか」妻に相談したところ、教えてもらった商品が「布用 染色ペン」です。

created by Rinker
¥168 (2024/02/22 22:15:09時点 楽天市場調べ-詳細)

「布用 染色ペン」は、色が豊富に発売されいるので、いろいろな服の修復に対応できます。

布用染色ペンの特徴
  • 布に描いてもにじみにくい
  • 耐水性、耐候性に優れている
  • 描いたあと、アイロンをかけてると色落ちしにくい

「布用 染色ペン」の使い方は、マジックで服をなぞるだけ。10秒でお気に入りの服が元通りになります。

マジックのようにペンでなぞるだけなので、お子さんでも修復できちゃいます。ペンをなぞったあと、仕上げにアイロンがけをすることで、色落ちしにくくなります。

3つのメリット【ポリエステルの色落ちも補修】

布用染色ペンのメリット
布用染色ペンのメリット

布用染色ペンのメリットは以下3つです。

  1. 168円で元通り
  2. 10秒で元通り
  3. しっかり染まる

順番に解説します。

168円で元通り

布用染色ペンを使えば、服が元に戻ります。

しかも、たった168円で。

黒系の服なら、クリーニング店で染め直したような、きれいな仕上がりになります。

クリーニングに依頼すると2,000円ほど費用が発生します。「布用 染色ペン」なら全色揃えても2,000円以内です。 

しかもインクが無くなるまで何度も使えるため、

  • 家族がいるご家庭
  • 修復したい服がたくさんある
  • よく拭くを汚す

こんな人には特におすすめです。

10秒で元通り

塗り絵のようになぞるだけで復活
塗り絵のようになぞるだけで復活

布用染色ペンを使えば、お気に入りの服が10秒で元にもどります。

塗り絵のように、ペンを服になぞるだけだからです。

例えば、出社前に発見した色落ちも、ささっと修復できます。服を着替える必要もございません。

しっかり染まる

布用染色ペンは、生地用のインクを使っています。そのため、生地との相性がよければ、しっかり染まります。

やたろう

3回洗濯しましたが、色落ちしてません。

色落ちしない理由は「耐水性の顔料インク」を使用しているから。布に描いてもにじみにくく、耐水性・耐候性に優れています。

3つのデメリット【布用染色ペンの体験レビュー】

デメリット
デメリット

布用染色ペンには、デメリットもありました。

3つお伝えします。

  1. 基本、布しか使えない
  2. 一度きりの使用
  3. 色があわない可能性

基本、布しか使えない

1つめのデメリットは、基本布しか使えないこと。

レザー、シルクは、一部使えますが、基本的には布以外は不向きです。

メーカー側の記載では、服の素材は様々なので「どれがペンに合うのか、断言はできない」とのこと。

「布以外」の服の修復は、リスクを承知で使うか、業者に依頼したほうがよいでしょう。

一度きりの使用

2つめのデメリットは、一度きりの使用で、使わなくなること。

なぜなら、漂白剤で色落ちする頻度は少ないからです。

1回きりでペンを使わなくなってしまうので「もったいない感」があります。一人暮らしの人は、何色も買わず、2~3色で済ませることをオススメします。

服になじまない色がある

3つめは、服になじまない色があること。

上記画像は、グリーン色の服ですが、グリーンペンで試したら、逆に目立ってしまいました…

遠目でも、ペンで書いたグリーンが目立ってます…

「布用 染色ペン」は、100%服に馴染む保証はありません。そのため大事な服は、初めからクリーニングに出すことをおすすめします。

漂白剤で色落ちした服でも10秒で修復する【まとめ】

まとめ
まとめ

まとめです。

「布用 染色ペン」を使うことで、漂白剤の色落ちも修復できます。

ココがポイント

布製の服なら、高確率で蘇ります。

こんな素材の服なら蘇ります
  • Tシャツ
  • デニム
  • ジーパン
  • カーディガン
  • トレーナー
やたろう

「布用 染色ペン」は、洗濯しても色落ちしません。3回洗っても問題なかったです。

クリーニング店で服を染め直すと約2,000円かかりますが、布用染色ペンなら168円で済みます。店に足を運ぶ労力も、時間も節約できます。

なにより、お気に入りの服を捨てずに済んだのはとっても嬉しかったです。

もし、色落ちして着てない服がタンスに眠っている場合、試してみてはいかがでしょうか??

布用 染色ペン

created by Rinker
¥168 (2024/02/22 22:15:09時点 楽天市場調べ-詳細)

スマホから簡単お申込み

明日、商品が届きます。30日間お急ぎ便が無料で使える

プライム会員のメリット
  • 対象商品の送料がすべて無料に
  • 送料・お急ぎ便・時間指定が無料
  • タイムセールに早く参加できる
  • ポイントがたまりやすい
  • 30日間は無料で使える
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)